アメブロは突然削除されて当たり前!その理由は…

アメブロは突然削除されて当たり前!その理由は…

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

アメブロは個別記事や

ブログ自体が突然削除されるから

使わない方が良い!

 

みたいな都市伝説(?)、

聞いた事ない??

 

 

 

私、昔どっかでそういう話を

聞いた事があったから

『アメブロってそんな横暴な事すんの!?

じゃあやらない方がいいなー』

っておもってたけど…

 

実際やってみると

全然そんなことなかったよ!

 

 

アメブロを始めて3か月以上経って、

200記事以上投稿したけど

1記事も削除された事ないし♪

 

 

 

でもね、実はアメブロの利用規約に

反する事をしてしまうと

突然削除される可能性は

誰にだってあるんですわ(´θ`llll)

 

 

意外と知られていない、

「コレって規約違反なの!?」

って事も結構あるので、

合わせて解説していきますよー。

 

 

 

 

アメブロで記事が削除される理由は?

先に結論から言いますけど、

記事が削除される理由は

アメブロの利用規約に反していたから

 

ほぼ100%これです。

 

 

アメブロの利用規約で

『こういう事をしちゃダメよ』

『こんな内容は書いたらダメよ』

 

って決められてる訳なので、

そのルールを破ってしまったら

削除されても仕方ない…

 

ていうか削除されて当然

なんですよね(・∀・;)

 

 

 

なので、アメブロの規約を守って

健全に運営してればまず

記事が削除されるって事はありえません。

 

 

でも私もアメブロを始める前は

心配だったのでアメブロさんに

問い合わせたんですけど、

きちんと納得がいく答えが

返ってきましたよー

 

 

【アメブロさんからのお返事】

 

Ameba側では利用規約に抵触していない内容であれば、
ブログの記事の削除等が行われることはございません。

※予め利用規約をご一読いただけますと幸いです。

 

▼Ameba利用規約
https://helps.ameba.jp/rules/post_104.html

 

■商品やサービス等の販売や宣伝をしてよいですか
https://helps.ameba.jp/faq/business/business/ameba_77.html

 

なお、利用規約に抵触する行為を確認した場合は、
記事の削除時等にAmebaメッセージにて警告をお送りしております。

 

警告をお送りしているにもかかわらず改善が見られない場合は、
アカウントの利用停止措置やブログの削除等しかるべき対応を致します。
あらかじめご了承ください。

 

 

 

はっきりと、

『利用規約に反したら警告してから削除するよ』

『警告しても繰り返す場合はブログ削除するよ』

って言ってますね。

 

 

そりゃそうですよね。

 

 

特に理由もなく

運営さんの気分とかで

バンバン記事削除されてたら

横暴すぎる…

 

てか大問題になるよねw

 

 

 

ただ、記事が削除された時は

警告メッセージはくるけど

『具体的に記事のどの部分がダメだったのか』

までは教えてくれないみたい。

 

 

私はまだ削除されたことが無いので

経験談ではないけど、

 

削除対象になりえる

「利用規約に反する内容」の例を

まとめてみましたー!

 

 

 

アメブロ利用規約に反する内容ってどんなの?

アメブロの利用規約で

「これはやったらダメだよ」

と書かれているものを

一部抜粋してまとめてみました!

 

全部知りたい人は

公式ページで確認してみてね~

アメブロ利用規約

 

 

アメーバピック以外のアフィリエイトリンクを貼る

アメブロさんはここ数年で

「アフィリエイト解禁するよ!」

って言ったかと思えばすぐに

 

「ごめぇんやっぱアフィリエイト禁止!」

ってなったりしてたんですけど(笑)、

 

 

最終的に

『アメブロ独自のアフィリエイトシステムなら

使っても良いけど、

それ以外のアフィリエイトは禁止!』

て事になりました。

 

 

そのアメブロ独自の

アフィリエイトシステムっていうが

『AmebaPick(アメーバピック)』

です。

 

 

※アフィリエイトっていうのは

「自分がブログなどで

紹介した商品が売れると

報酬が貰える仕組み」の事です。

 

 

 

アメブロのシステムの仕様上、

基本的にAmebaPick以外の

アフィリエイトリンクを入れた記事は

エラーが出て公開できないようになってるんだけど、

モノによっては公開できてしまうみたい。

 

 

なので、たまたま

AmebaPick以外のアフィリリンクを貼っても

エラーが出なかったからって、

そのまま公開すると

いつか削除される可能性があるので

気を付けましょ~(・∀・;)

 

 

 

あと、余談ですが…

 

 

AmebaPick以外の

アフィリエイトリンクを

貼るのは禁止だけど、

友達紹介をすると報酬が貰える

『友達紹介リンク』は貼ってOKです。

 

例えばモッピー、ハピタスとかの

ポイントサイトとかね。

 

 

記事を公開する時に

エラーは出なかったけど

このサイトって貼っても大丈夫かな?

 

って悩んだ場合、アメブロさんに

直接聞いてみた方が早いですよ♪

 

 

 

著作権を侵害する恐れのあるもの

著作権のあるものを

無断で使用する事は

アメブロの利用規約…

 

というより、

法律で禁止されてます。

 

 

「無断で使ったりする訳ないじゃん!」

て思うかもしれませんが、

例えばこんな事も該当しますよー。

 

  1. 好きな芸能人の写真をスクショする
  2. 欲しいと思っている商品画像をスクショする
  3. 役に立つ育児サイトの文章をコピーする

 

 

これ、個人的に楽しむためだけに

スクショ・コピーするなら

問題はないんですけど、

 

スクショ・コピーしたものを

ブログやSNS等にアップするのは

完全アウト!!

 

 

悪気はなかったとしても

著作権違反になっちゃいますよ。

 

 

どうしてもそういう写真や

他サイトの文章を使いたい場合は

次の方法でやってみてねー

 

 

 

芸能人などの写真をブログに貼りたい場合

まず最初に知っておきたいのは、

芸能人などの写真を

自分のブログやSNSにアップするのは

「無断で使用する行為」にあたるので

絶対にダメ!てこと。

 

お金を払って買った

写真集とかであったとしても、

自分が著作権や肖像権を

持ってるわけじゃないから

ダメなんですよー。

 

 

 

じゃあどうずれば違法にならずに

ブログに貼れるのかというと、

簡単なのはSNSの埋め込みです。

 

 

ツイッターやインスタグラムなどの投稿は、

『埋め込み機能』を使えば

こんな感じで自分のブログに

掲載することができます↓

 

(松陰寺さん好きw)

 

 

ただ この時注意したいのが、

必ず本人や公式アカウントの

投稿を埋め込むこと。

 

 

一般人が画像を無断転載している投稿を

埋め込んでもそれは

当然違法になってしまうので、

気を付けてくださいねー。

 

 

 

商品画像をブログに貼りたい場合

実際に持っていない商品の画像を

ブログに貼りたい場合、

『AmebaPick』を使うのがおすすめです。

 

 

AmebaPickは楽天市場やAmazon、

その他多くのショップと提携してるので、

こんな風に画像付きで

商品を紹介する事ができます。

 

 

画像のみ、文字のみの掲載もできます。

 

 

合法に商品画像が使えるし、

もし誰かがクリックをして

そのまま商品を買ってもらえれば

報酬も貰えるので、

ぜひ使ってみてください♪

 

 

 

役に立つサイトの文章をブログで紹介したい場合

他のサイトの文章を

自分のブログに貼りたい場合、

必ず『引用表記』をしないと

いけません。

 

 

引用表記っていうのは、

『どこからどこまでが他サイトの引用なのか』

『どのサイトから引用したのか』

てことが明確にわかるように

しておく事です。

 

 

例えばこんな感じ

 

1歳・何かと怒りやすいイヤイヤ助走期
遊んでいたおもちゃを「もうおしまいね」と片付けると「ぎゃあ!(返して!)」と怒ったり泣いたり、おむつを替える気配を感じるとこれまた「ぎゃあ~!(じっとしてるのイヤ~!)」と抵抗したり、といった子どもの行動をよく見かけ始めます。

1歳頃からのこのような行動は、「ママはこう言っているけど、ぼくはそうじゃない」というアピールをくり返しながら、少しずつ「自分」というものを意識し始め、「自己」を確立していくプロセスです。

それは好きなものへのこだわりや、嫌いなものを徹底して嫌がる、というような態度に現れていきます。
激しい子はもはや唸っていたりしますが(笑)、この変化は自己主張の初めの1歩として、温かく見守ってあげてください。
※ただし、してはいけないことは、この時期からしっかり教えてあげましょう。

 

引用元:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/articles/84028

 

 

枠で囲う事で

「ここからここまでが引用文だよ」

とわかりやすくし、

最後に「ここから引用しました」

と、引用元のリンクを貼ります。

 

 

 

アメブロはスマホからだと

引用枠をワンクリックで

作ることができないので、

こんな感じの書き方でもOK!

 

 

ーーーーー引用ここからーーーーー

 

1歳・何かと怒りやすいイヤイヤ助走期
遊んでいたおもちゃを「もうおしまいね」と片付けると「ぎゃあ!(返して!)」と怒ったり泣いたり、おむつを替える気配を感じるとこれまた「ぎゃあ~!(じっとしてるのイヤ~!)」と抵抗したり、といった子どもの行動をよく見かけ始めます。

1歳頃からのこのような行動は、「ママはこう言っているけど、ぼくはそうじゃない」というアピールをくり返しながら、少しずつ「自分」というものを意識し始め、「自己」を確立していくプロセスです。

それは好きなものへのこだわりや、嫌いなものを徹底して嫌がる、というような態度に現れていきます。
激しい子はもはや唸っていたりしますが(笑)、この変化は自己主張の初めの1歩として、温かく見守ってあげてください。
※ただし、してはいけないことは、この時期からしっかり教えてあげましょう。

 

引用元:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/articles/84028

 

ーーーーー引用ここまでーーーーー

 

 

 

めんどくさいから引用表記なしで

そのまま掲載しちゃえー!

 

なんて事をしてると、

自分ではそんなつもりがなくても

 

「他人が書いた文章をパクってる!」

と勘違いされてしまい、

アメブロに通報される可能性も

あるので気を付けましょーね。

 

 

著作権元によっては

裁判沙汰になる事だってあるので、

そうなったらもう

人生終わりです((´◦ω◦`;))ガクブル

 

 

「ごめんですむなら警察はいらん!」

ていう言葉通り、

訴えられてから反省しても遅いので、

引用できるものは正しく

引用するようにしましょーねー!

 

 

 

肖像権や他人のプライバシーを侵害する内容

ブログに載せた写真の中に

意図せず他人が写っていたり

個人情報が特定できてしまう

内容が写り込んでいるとアウト!

 

 

個人情報が特定できるものを

載せたらいけない理由は

説明するまでもないと思いますが、

 

写真に写っているのは

ただの通りすがりの他人だったとしても、

本人の許可無く勝手に

ブログやSNSに載せるのは

『肖像権の侵害』になるんです。

 

 

 

これもの著作権のお話と一緒で、

トラブルがあってから

対応するんでは遅いです。

 

「何か言われたら消せば良いや」

と思う人もいるかもですが、

一度ネットにアップした画像は

一生消えないものと思え

っていうのは有名なお話?で…

 

 

こっちで画像を削除したとしても、

  • もし既に誰かに拡散されてしまっていたら?
  • スクショを撮って保存されていたら?

 

そうなるともう個人での対応は

極めて困難になります。

 

 

 

なので、自分以外の誰かが

写っている写真がある場合、

モザイクやスタンプなどで

しっかり隠しましょーね。

 

 

 

薬機法に触れる内容

薬機法っていうのは…

 

私には難しくて

詳しく説明できないので(笑)

超ザックリ言うけど、

 

医薬品、医薬部外品、化粧品などの

商品紹介をする時の、

言い回しに関する法律

 

って認識しとけば良いのかな?w

 

 

 

特にコスメのレビューを書いたりする人は

絶対知っとくべき事なんだけど、

 

医薬品以外には

「治る」「改善する」「予防する」

っていう効果が

実証されてるわけじゃないから、

そういう言い回しはしちゃダメなのね。

 

 

実際に自分が使った化粧品で

ニキビが治ったり

シミが薄くなったりしたとしても

それって個人差があるものだから、

 

『ニキビが治った』

『シミを薄くなった』

とか書くと完全アウト(´;ω;`)

 

 

 

具体的にどんな言い回しがNGで

どんな言い回しならいいのか?

 

てことについては、

このブログさんの記事が

めっちゃくちゃわかりやすいので

ぜひ読んでみて~

 

アフィリエイトで薬機法に違反しないようにするための4つのポイント

 

 

 

お金稼ぎの話

副業とかネットビジネスの

ブログを書きたい人は

誤解を招く表現は危険ですよー。

 

 

薬機法のお話と似てるけど、

こういうのって取り組む人によって

絶対に個人差があるから、

 

  • 誰でもすぐに数万円~
  • 〇〇するだけでお金がどんどん貯まる!

みたいに言い切っちゃうと、

誤解を招く恐れもあるので

削除される可能性があります。

 

 

なのでおすすめの副業について

書きたいんであれば、

煽ったり過大な表現をするよりも

『こうしたら稼げたよ』

っていう経験談メインで

書いた方が良さそう。

 

 

 

見た人が不愉快に感じる内容

アメブロは自分だけのブログが

開設できるとは言え

誰でも見ることができるので、

見た人が不愉快になるようなことは

書いたらダメです。

 

 

例えばこんな内容。

 

  • 特定の誰かに向けた誹謗中傷
  • 恐喝
  • 暴力的な表現
  • 危険な思想
  • 違法な内容
  • 宗教の勧誘
  • アダルトな内容
  • 出会いを求めるもの
  • その他不適切な内容

 

…などなど。

 

 

 

今この記事を読んでくれてる人は

常識がある人なはずなので

基本的にはこんな事は

しないと思いますけど、

 

読者ウケがいい

家族や職場の愚痴なんかは

過激な表現になりすぎないように

気を付けてくださいね~(・∀・;)

 

 

 

 

利用規約を守っても削除されるときはされる

ここまで書いてると、

アメブロをゴリ推ししてるみたいで

なんか気持ち悪いので

デメリットも書いときますね。(えw)

 

 

 

アメブロって基本的に

利用規約を守ってれば

いきなり削除される事なんて

まず無いんだけど、

 

サービスの提供が終了すれば

やってる人漏れなく全員が

当然使えなくなるからね。

 

 

abemaTVとかもやって

儲かってるかもしれないけど、

 

あの大手のYahoo!ブログでさえ

「オトナの事情」で

2019年に終了してるから、

アメブロもそれが無いとは

言い切れないし。

 

 

 

あっ

 

 

私自身今楽しくアメブロやってるから

脅したいわけじゃないなくて(笑)、

 

アクセスを集めやすいっていう

メリットだけじゃなくて

デメリットもちゃんと知っとこうね

って話です(/・ω・)/

 

 

 

 

アメブロは突然削除されて当たり前!まとめ

サクッとまとめるつもりが

また長くなってしまった…(((;꒪ꈊ꒪;)))w

 

 

『アメブロやめた方が良い!

有料でワードプレスやるべき!』

って言ってる人に限って

 

実際に削除された経験どころか

アメブロやった事も無いでしょ?

て人が多かったので、

反発?してこんな記事を書いてみたよ(笑)

 

 

参考になれば幸いです♪

 

アメブロのリアルをぶっちゃけます♪

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

メールアドレス 

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

さちこ

働きたくない系ブロガー

さちこ

令和1年ボーイのムスコをこよなく愛する、無期限育休中のママ。 働きたくなさすぎて在宅ワークをガチで取り組む決意を固める! 実はとんでもなく面倒くさがりで三日坊主なので色んなビジネスをやっても続かなかったポンコツだけど(笑)、 やっと自分に合った方法を見つけ、めっちゃ楽しく続けることができてます♪(●´ω`●)

ポチッとクリック応援してくれたら嬉しいです♪

カテゴリー
タグ検索
キーワード検索
よく読まれている記事
 新着記事
ブログで楽しく稼ぐならコレ♪


アメブロなら小難しい事を書かなくても、
500文字の日記みたいな記事が書ければ
稼げちゃうって知ってた?(´ω`*)
これから始める初心者さんはもちろん、
ブログで挫折したことがある人にもおすすめです♪

Twitterしてます♪

ページの先頭へ